Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method dc_jqaccordion::header() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 36

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 37

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 38
【基礎知識】ホワイトバランス(WB)と色温度 | 一発合格!フォトマスター検定

【基礎知識】ホワイトバランス(WB)と色温度

更新日:

 

基礎知識編もいよいよ終わりです。
最後は、「ホワイトバランス(WB)と色温度」について解説します。

ホワイトバランス(WB)って?

色温度ってなに?

どんなときにホワイトバランスの設定を使い分けるの?

ホワイトバランスを変えると写真はどう変わる?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

ホワイトバランス(WB)とは?

 

太陽の光や電球など、光源によってそれぞれ光の「色味」は異なります。

まずは、少しイメージしてみてください。

 

たとえば、「夕暮れの光」であれば赤っぽかったり、オレンジ色っぽい色味の光ですね。
居酒屋さんの店内なども、オレンジがかった照明の場所が多いと思います。
一方、「曇りの日の光」などは白っぽかったり、青っぽい色味の光が多いです。

色味のある光源下で真っ白な紙を見ると、本来は白いはずの紙が、光源によって赤っぽかったり、青っぽく見えてしまうのが想像できると思います。

 

このような色味のある光源下にあっても、光源の色味に左右されずに、「白」を「白」に近づけて色を表現できる機能こそが、「ホワイトバランス」です。

 

 


色温度とは?

 

ホワイトバランスについて学習する際、同時に「色温度」も理解しておくと効果的です。

「赤っぽい」「青っぽい」といった光の色合いを、数字で表したもの「色温度」と呼びます。
単位はケルビン[K]で表され、「5500[K]」のように「数字」+「ケルビン[K]」で表記します。

色温度と呼びますが、「熱い」「冷たい」とか、本来の意味での温度とは異なります。
(あくまでも、色味を定量的に数字で表しているだけなので注意です。)

 

 

光源ごとの色温度の目安を図にまとめてみました。

一般的に、昼間の晴天時における太陽光の色温度は5500[K]程度です。
白熱電球などは3000[K]程度晴天時の日陰などは7500[K]程度になります。

色分けして示していますが、光源の色温度が低くなるほど赤みが強くなり、色温度が高くなるほど青みが強くなってくるのが読み取れると思います。

 

ホワイトバランスとは、この光源の色温度に合わせてカメラの設定を変えて補正し、白を白に近づけます。
通常、デジタルカメラであればさまざまな光源に自動で対応し、ホワイトバランスを調整してくれる「オートホワイトバランス」機能が備わっています。

 

 

しかし、うまくオートバランス機能が働かなかったり、自分の意図通りにならない場合は…

(1) 撮影シチュエーションに応じたプリセット設定に変更!
⇒機種やメーカーによって異なりますが、「晴天」「曇天」「晴天日陰」「電球」などがプリセットとして用意されていることが多いです。

(2) 色温度設定をマニュアルで設定!
⇒やや上級者向けではありますが、プリセットよりもさらに細かく色温度設定を変えられます。

 

上記のように設定を変更することで、ホワイトバランスを変更することができます。

 

 


「白」を「白」に補正するだけじゃない

 

ホワイトバランス機能は、単純に白を白に補正するだけではありません。

光源の色とカメラの設定を意図的に崩すことによって、作品の色味を変えたり、強調することができます。
「わざと白を白に写さない」ことで、作品の表現の幅が広がります。

 

具体的には、カメラに設定した色温度よりも、光源の色温度が高ければ青みが強くなります。
逆に、カメラに設定した色温度よりも光源の色温度が低ければ赤みが強くなります。

 

(1) 赤みが強いと・・・優しさや温かさ、懐かしさなどを強調

(2) 青みが強いと・・・クールさや無機質な印象を強調

 

 

上のサンプル写真を見てみてください。

朝日に照らされるパトロール中のワンコを、意図的にWB7000[K]程度で撮影しました。
ざっくりですが、この時の光源色温度が4000[K]くらいだと思うので、赤みが強く出ています。
赤みをプラスすることで、「優しそう」「楽しそう」といった印象を受けませんか?

 

 


最後に

 

このように、ホワイトバランスの設定は白を白に写す以外にも、作品の表現に生かすことができます。
一般的な撮影ではオートでも問題ありませんが、押さえておきたい知識のひとつです。

ホワイトバランス、色温度周りの問題は、フォトマスター検定でも頻繁に出題される傾向があります。
この記事で大まかに理解できたら、お手持ちのカメラで設定を変えながら、色味にどのような変化が起こるかぜひ試してみてください。

 

 

カテゴリ:「基礎知識」に戻る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

  基礎知識編として、ここでは「一眼レフカメラの構造」について解説します。   一眼レフカメラって? カメラの仕組みがわからないんだけど?     目次1 そも ...

2

  基礎知識編として、ここでは「露出(露光)」について解説します。   露出って何? 露出アンダー、露出オーバーって何?     目次1 露出とは?2 露出によ ...

3

  初受験の方向けに、どの階級を受ければよいか、私のお勧めを書いておきます。   どの級を受ければいいか、迷ってるんだけど・・? お金もかかるし、どうせなら無駄なく受験したい! & ...

-基礎知識
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method dc_jqaccordion::footer() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Copyright© 一発合格!フォトマスター検定 , 2021 AllRights Reserved.