Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method dc_jqaccordion::header() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 36

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 37

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 38
【基礎知識】F値とシャッタースピードの関係 | 一発合格!フォトマスター検定

【基礎知識】F値とシャッタースピードの関係

更新日:

 

「シャッタースピード」と「F値(絞り値)」の関係について解説します。
※別記事「シャッタースピードとは」「F値(絞り値)とは」の内容を理解した方向けです

 

シャッタースピードとF値(絞り値)の関係は?

適正露出を維持するための組み合わせは?

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

シャッタースピードとF値(絞り値)の関係

 

※別記事「シャッタースピードとは」「F値(絞り値)とは」にて、シャッタースピードやF値を変えると、撮像素子(イメージセンサー)やフィルムに当たる光量が変わるので、写真の明るさが変化する…と解説しました。

 

これまではシャッタースピード、F値それぞれを個別に考えていましたが、今回はそれらを組み合わせてみましょう。
(※写真の明るさに絡む要素としてはISO感度もありますが、今回は一定値に固定して考えています)

 

まずは、「写真の明るさ」との関係について、ちょっとおさらいです。

(1) シャッタースピードは、速くすれば写真は暗くなり、遅くすれば明るくなる

(2) F値は、小さくすれば写真は明るくなり、大きくすれば暗くなる

…というのは、これまでの学習で理解しているはずです。(はずですよね?)

 

カメラはシャッタースピードとF値を同時にコントロールしています。
個別ではなく、同時に考えてみると…。

例えば、シャッタースピードを速くして暗くなってしまう分、F値を小さくして明るくしてあげれば、写真全体としての明るさをプラスマイナスゼロにできます。

 

その逆も然りです。

F値を大きくして暗くなってしまう分、シャッタースピードを遅くしてあげれば、写真全体としての明るさをプラスマイナスゼロにできます。

 

 

 

シャッタースピードとF値(絞り値)の組み合わせ

 

別記事「露出・露光とは」にて「適正露出」という言葉が出てきたのを覚えているでしょうか。
ざっくりとしたイメージとしては、明るすぎず、暗すぎず…ちょうどよい写真の露出(明るさ)のことです。

 

結論からまず述べますと、適正露出となるシャッタースピードとF値の組み合わせはたくさんあります。
(※被写体を固定しているとします)

 

具体的な撮影シーンをふまえながら解説します。

 

例として、シャッタースピード:1/250秒F4で適正露出になる被写体があったとします。

そうですね…たとえば被写体は「動き回るネコ」を撮りたいとしましょう。
明るさとしてはこの設定でちょうどいいのですが、シャッタースピード:1/250秒で撮ると、どうしても動き回るネコがブレてしまい(被写体ブレ)、困った…!

 

屋内で撮影した際など、上記のような経験はないでしょうか?

 

 

今回は、動き回るネコを写し止めたいので、シャッタースピードを速く設定したいですね。
ここで、シャッタースピードの1段ごとの変化を思い出してみましょう。

1, 1/2, 1/4. 1/8, 1/15, 1/30, 1/60, 1/125, 1/250, 1/500, 1/1000, 1/2000, 1/4000, 1/8000

 

今回は、1/250秒に設定していますので、1段速めて1/500秒にしてみるとします。
しかし、シャッタースピードを速めると写真は暗くなってしまいます。

 

そこで、現在の適正露出を保つために、F値を変化させます。

今度は、F値の1段ごとの変化を思い出してみましょう。

F1.4,  F2,  F2.8,  F4,  F5.6,  F8,  F11,  F16,  F22 

 

勘の良い方ならもうお気づきかもしれません。

シャッタースピードを変化させた段数ぶん、それに見合う段数のF値を変化させれば、写真の露出(=明るさ)が維持できます。

 

今回はシャッタースピードを1/250秒から1/500秒に1段変化させています。
これは写真の明るさとしては暗くなる方向なので、F値は1段明るくなる方向に変化させてあげればいいわけですね。

つまり、F2.8に設定すれば、シャッタースピードを1/500秒にしても現在の明るさを維持できます。

 

このように、適正露出となるシャッタースピードとF値の組み合わせはたくさんあります。
この考え方は、実際の撮影シーンでも頻繁に用いる知識です。

理解できれば、撮影がグンと身近なものになってきますので、頑張りましょう!

 

 

練習問題

 

理解度テストとして、ひとつ例題です。

【例題】

シャッタースピード:1/125秒、F値:F8で適正露出になる被写体があったとします。
(※ISO感度や被写体、機材は固定しているとします)

この状態でレンズのF値をF2.8に変更し、同じ適正露出を得るにはシャッタースピードをいくつに設定すればよいでしょうか?

 

 

 

 

 

 

【解答】

答え:1/1000

F値はF8からF2.8に、3段分変化しています。

これは写真が明るくなる方向なので、同じ露出を維持するには、シャッタースピードを3段分速める必要があります。

したがって、1/1000秒となります。

 

 

カテゴリ:「基礎知識」に戻る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

  基礎知識編として、ここでは「一眼レフカメラの構造」について解説します。   一眼レフカメラって? カメラの仕組みがわからないんだけど?     目次1 そも ...

2

  基礎知識編として、ここでは「露出(露光)」について解説します。   露出って何? 露出アンダー、露出オーバーって何?     目次1 露出とは?2 露出によ ...

3

  初受験の方向けに、どの階級を受ければよいか、私のお勧めを書いておきます。   どの級を受ければいいか、迷ってるんだけど・・? お金もかかるし、どうせなら無駄なく受験したい! & ...

-基礎知識
-, , , , , , , , , , , ,


Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method dc_jqaccordion::footer() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Copyright© 一発合格!フォトマスター検定 , 2021 AllRights Reserved.