Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method dc_jqaccordion::header() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 36

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 37

Strict Standards: Non-static method dc_jqaccordion::get_plugin_directory() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-content/plugins/jquery-vertical-accordion-menu/dcwp_jquery_accordion.php on line 38
【基礎知識】シャッタースピードとは | 一発合格!フォトマスター検定

【基礎知識】シャッタースピードとは

更新日:

 

写真の露出を決める要素のひとつ、「シャッタースピード」について解説します。
※既に別記事【基礎知識】露出・露光とは にて露出について理解した方向けです

 

シャッタースピードとは?

シャッタースピード変えると何が変わる?

シャッタースピードの覚え方

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

写真の露出を決める3要素

 

【基礎知識】露出・露光とは にて、写真の明るさを決める露出は「撮像素子(イメージセンサー)やフィルムに当たる光の量で決まる」と述べました。
カメラやレンズには、この光量をコントロールする機能・機構が備わっています。

基本的に、写真の露出(明るさ)は、以下の3つの要素で決まります。

 (1) シャッタースピード(SS)
 (2) 絞り値(F値)
 (3) ISO感度

カメラやレンズはこの3つの要素をコントロールすることで、露出・露光の条件を変えています。
聞き慣れない単語が出て戸惑うかもしれませんが、ひとつずつ記事を分けて解説していきますのでご安心ください。

これら3つの要素は写真・カメラを学んでいく上で必須といえる知識です。
本記事では、3要素のひとつ、「シャッタースピード」について解説します。

よく読んで、しっかりマスターしていきましょう。

 

 


シャッタースピード(SS)とは

 

シャッタースピードとは、「シャッターが開いている時間」のことです。

一般的に、シャッタースピードは、1秒、1/2秒、・・・1/500秒といったように表記します。

「1/4秒」などのように、1秒未満のシャッタースピードは"分数"で表されます。

 

 


シャッタースピードを変更すると?

 

では、このシャッタースピードを変えると、どのような効果があるのでしょうか?

具体的には、以下の2つが変化します。

 (1) 写真の明るさ
 (2) 動いている被写体の写り方

(1) 写真の明るさは…

シャッタースピードが速いと、撮像素子(イメージセンサー)やフィルムに光が当たる時間が短くなり、写真としては暗くなります。一方、シャッタースピードが遅いと、撮像素子(イメージセンサー)やフィルムに光が当たる時間が長くなり、写真としては明るくなります

 

(2) 動いている被写体の写り方は…

シャッタースピードが速いと、動いている被写体の動きを止めて写すことができます。一方、シャッタースピードが遅いと、被写体ブレ(動いている被写体がブレる)、手ブレ(カメラ自体が動いてしまいブレる)が発生しやすくなります。

 

 

まず、高速シャッターでの例を挙げます。
上の写真は、水面から飛び出した「カワセミ」という野鳥を撮影した写真です。

このときのシャッタースピードは1/1600秒に設定しており、カワセミや水しぶきの挙動が止まって見えると思います。

 

続いて、低速シャッターでの例です。
上の写真は、「ミソサザイ」という渓流沿いに住む野鳥を撮影した写真です。

このときのシャッタースピードは1/200秒なのですが、ミソサザイは動きが速く、羽や尾羽がブレてしまっています。
これが「被写体ブレ」です。ブレを抑え、写し止めたい場合は、もっと速いシャッタースピードに設定する必要がありました。

 

まとめますと、ポイントは以下の2つです。

シャッタースピードが速いと、写真は暗くなりやすいがブレにくく、動きを止めて写せる

シャッタースピードが遅いと、写真は明るくなりやすいが被写体ブレ、手ブレなどが発生しやすくなる

 

シャッタースピードを速く設定するか?遅く設定するか?
絶対的な正解はなく、撮影時のシチュエーションや自分のイメージする表現に合わせ、適宜変更して撮影していくことになります。

 

 


シャッタースピードの段階

 

シャッタースピードは、「1段ずつ」変更すると、以下のような段階で設定できます。

1, 1/2, 1/4. 1/8, 1/15, 1/30, 1/60, 1/125, 1/250, 1/500, 1/1000, 1/2000, 1/4000, 1/8000

カメラや設定によっては「1/2段」や「1/3段」など、上記の変化よりも更に細かくシャッタースピードを変更できるものもありますが、ここでは基本となる1段ごとの変化を乗せています。

 

 


シャッタースピードの覚え方

 

1, 1/2, 1/4. 1/8, 1/15, 1/30, 1/60, 1/125, 1/250, 1/500, 1/1000, 1/2000, 1/4000, 1/8000

シャッタースピードの1段ごとの変化を上述しましたが、全てのシャッタースピードをいきなり丸暗記するのは大変です。ここでは、手っ取り早く覚えるコツをお伝えします。

私のお勧めは、「基準となるシャッタースピードを1つだけ覚えておいて、その数字を2倍、あるいは半分にしていく」覚え方です。きっちり全てが綺麗な倍数になっているわけではないのですが、あらかたは押さえられます。

 

例えば、スタートの基準として「1/250秒」を覚えておくとします。

この「1/250」を基準に順に2倍していくと・・・
1/250, 1/125, 1/60, 1/30, 1/15, 1/8...と、シャッタースピードがどんどん遅くなっていきます。
(※1/125 → 1/60の部分と、1/15 → 1/8の部分には注意です)

続いて、「1/250」を基準として順に半分にしていくと・・・
1/250, 1/500, 1/1000, 1/2000, 1/4000...と、シャッタースピードがどんどん速くなっていきます。
(こちらは、きれいな倍数になっています)

 

いきなり全てを覚えるのは難しいかもしれませんが、どれか一つのシャッタースピードを覚えておくと、あとはその数字を基準にスラスラと書き出せると思いますので、非常に楽です。

 

 

いかがだったでしょうか。
いきなり数字が多く登場し、戸惑った方も多いかもしれません。

1段ごとのシャッタースピードの変化量を覚えておくと、後々非常に楽になりますので、頑張りましょう!

 

 

カテゴリ:「基礎知識」に戻る

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

おすすめ記事

1

  基礎知識編として、ここでは「一眼レフカメラの構造」について解説します。   一眼レフカメラって? カメラの仕組みがわからないんだけど?     目次1 そも ...

2

  基礎知識編として、ここでは「露出(露光)」について解説します。   露出って何? 露出アンダー、露出オーバーって何?     目次1 露出とは?2 露出によ ...

3

  初受験の方向けに、どの階級を受ければよいか、私のお勧めを書いておきます。   どの級を受ければいいか、迷ってるんだけど・・? お金もかかるし、どうせなら無駄なく受験したい! & ...

-基礎知識
-, , , , , , , , ,


Strict Standards: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, non-static method dc_jqaccordion::footer() should not be called statically in /home/photoken/photoken.net/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 298

Copyright© 一発合格!フォトマスター検定 , 2021 AllRights Reserved.